水虫の治療薬と塗り方

水虫治療薬でよく使われるタイプに『塗り薬』があります。

水虫の塗り薬には、軟膏とかクリーム、さらに液体等もあり、それぞれの水虫のタイプや症状、そして部位等に合わせ処方されます。

これらの水虫の外用薬とは、どの薬も白癬菌に対しての抗菌作用を持っていて、水虫の治療に効果をあげています。

この水虫の治療に使われるクリームタイプの外用薬の場合、多少べたつくということもあります。しかし皮膚への浸透力が強いために、どのタイプの水虫にも使えます。

そして軟膏タイプの水虫治療薬となると、クリームタイプのものより、よりべたつきが強くなりますが、低刺激になっているので痛かったり、傷になっているようなものに使えます。

液体タイプの水虫治療薬の場合には、アルコールを含んでいます。そのために速乾性があり、使った後もサラッとした使用感です。しかし、少し刺激が強いので、悪化して傷があるような水虫には使えません。

どのタイプの水虫薬も、まずは毎日お風呂に入って足を清潔にし、その後に水気をよく拭いて塗ると、より薬の浸透もよく、効果的です。

そして薬は患部だけではなく、水虫の症状の出ているところよりも少し広めに塗って、指間部にも丁寧に塗りましょう。

水虫の治療薬は自覚症状がなくなってからも、最低でも1〜2ヶ月は塗り続ける必要があります。

というのは、もうだいぶ良くなったと勝手に薬を塗るのを止めてしまうと水虫が再発してしまうことがあるからです。

完全に治しましょう。



水虫問題・これで解決!

水虫退治だけでなく美脚にもなる方法
水虫アッサリ追放宣言!

posted by 水虫嫌い at 00:00 | 水虫対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。