水虫 完治は可能か!?

水虫治療薬が発明されたら、それはノーベル賞もの!」だとか、「水虫になったら最後、もう治るわけがない!」などと言われていたこともある、難病・水虫!?

しかし、最近の科学・医学の進歩は目覚しいもので、新薬の開発のおかげで水虫も完治する病気となりました。

水虫の完治のためには、やはり『根気よく治療を続ける』ことが大切です。

パッと見た感じ、もう綺麗になった♪もう痒くない…などと勝手な自己判断で薬をやめてしまうと、元の木阿弥…また再発してしまいます。

水虫のための塗り薬を使用した場合、症状が見た目治まったように見えても、最低でも、それからさらに1ヶ月くらいは塗り続ける必要があります。

足等の皮膚に出来る水虫より、塗り薬の効果が現れにくくて、治療もなかなか進まないといわれる爪水虫の場合でも、塗り薬と内服薬を併用した治療方法を行なうことによって完治することが可能となりました。

とは言っても、爪水虫の場合には、爪がすべて生え変わってしまわないと治らないために、治療の期間はざっと考えても、6ヶ月くらいはかかってしまいます。

爪水虫を完治させるため、一番必要なのは、本人の『水虫を治そう!』という、強い意志と根気が大切です。

爪水虫の完治のためには、必要な内服薬ですが、人によっては副作用も出てしまうことがあり、定期的に医師の診察、さらには血液検査なども受けながらの治療が必要となる場合もあります。



水虫問題・これで解決!

水虫退治だけでなく美脚にもなる方法
水虫アッサリ追放宣言!

posted by 水虫嫌い at 00:00 | 水虫対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。