水虫の予防

水虫原因となる白癬菌とは、高温多湿の場所を好みます。

湿度の高い場所だと、かなり長い間、生存出来る強い菌のようです。

とはいえ、白癬菌が足などに付いたからと言って、すぐに水虫が発症するわけではありません。慌てず予防しましょう。


水虫の菌が、肌に付着してから定着するまでに、1〜2日ほどかかるようです。ですから、毎日きちんとお風呂に入るとか、こまめに洗って清潔にしていると水虫は怖い病気ではありません。

水虫にならないために出来ることとしては、靴を長い時間履いて蒸れやすくなっている足の場合には、毎日、指の間まで丁寧にしっかりと洗います。

また、水虫にならないように、可能な限り足を空気に触れさせ、乾燥させます。

蒸れやすい夏などには、靴とかパンプスよりも素足で履けるミュール(サンダル)などを履くほうが良いですね。

さらに、家で使っているお風呂場のバスマット等は、湿気て水虫の菌が増殖しやすい場所になります。こまめに洗って、よく乾燥させましょう。

こういうことをしっかりと実践していると、水虫になってしまうリスクはかなり避けることができます。

水虫に一度かかってしまうと、なかなか治りにくいものですから、まずは自分で簡単に出来る予防法で足の健康を守りましょう。




水虫問題・これで解決!

水虫退治だけでなく美脚にもなる方法
水虫アッサリ追放宣言!

posted by 水虫嫌い at 00:00 | 水虫対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。