水虫の症状

水虫の症状をチェックしてみましょう。

現在では、日本人の5人に1人は水虫に悩まされているそうです。最近は女性にも増えてきましたね。


まず、水虫の症状と言うと

・痒い
・ぐじゅぐじゅする
・皮がめくれる

とよく聞きます。


しかし、痒みを伴わない場合もあり、実に色々な症状の現れ方があります。

足の水虫として、よくみられる症状には次の3つの型があります。

足の指の間や側面にできる『趾間型水虫』は、皮がむけてただれたり、赤くなったりします。

『趾間型水虫』の『湿潤型』の場合には、グジュグジュになって強い痒みを伴うことがあります。そして『乾燥型』の場合には、カサカサになって皮がむけます。


『角質増殖型』の水虫の場合には、足の裏の角質が厚くなり、硬くなってからひび割れて行き、白い粉を吹いたようになります。足の裏の表面はザラザラした感じになります。


『小水疱型』の水虫は、足の裏の土踏まずの辺りに、小さな水泡を作るタイプです。これは、初期の段階での痒みはありませんが、水虫の症状が進行してくると、痒みが出てきます。

『小水疱型』の水虫は、水疱がつぶれてしまって中から汁が出ることもあります。しかし、その汁によって水虫が広がるということはありません。


これ以外に爪に出来る爪白癬では、痒みはあまり有りませんが、爪が白濁してきて厚くなります。

爪水虫の症状がひどくなると爪がボロボロになったり、とても脆い状況になります。



水虫問題・これで解決!

水虫退治だけでなく美脚にもなる方法
水虫アッサリ追放宣言!

posted by 水虫嫌い at 00:00 | 水虫とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。