水虫と赤ちゃん

水虫赤ちゃん

一見関係のなさそうに思えますが、水虫は白癬菌が皮膚に付着して起こる病気ですから、当然、赤ちゃんとか小さな子どもでも感染する可能性はゼロではありません。

とは言っても、水虫とは靴を長時間履いたりして、その蒸れる部分に発生しやすいものですから、まだ寝ていることが多い赤ちゃんに、水虫は殆どないようです。

しかし、家族の中に水虫の人がいると、裸足で歩いたところに白癬菌をばら撒かれています。

特にお風呂場の足拭きマット等は、常に湿気やすく水虫を起こす白癬菌が増殖しやすいところですから、こまめに洗濯して、赤ちゃんの水虫感染のリスクを減らすためにも常に乾いた状態にしておきましょう。

赤ちゃんが水虫になってしまったように見えても、『接触性皮膚炎』等で水虫によく似た症状が出ているだけということもあります。やはり自己判断はしないで必ず皮膚科を受診しましょう。

自己判断で、安易に市販の水虫薬とか家族の使っている病院から処方された外用薬を赤ちゃんに使うのはやめましょう。

赤ちゃんの肌は、とても柔らかくデリケートですから、自己判断で水虫薬を使うと、余計に症状を悪化させてしまうこともあります。

水虫かどうかは、皮膚科を受診して患部の皮膚を少し削ることで簡単に検査ができます。

その結果、万が一水虫だった場合には、赤ちゃんが使っても大丈夫な水虫の薬を処方してもらいましょう。




水虫問題・これで解決!

水虫退治だけでなく美脚にもなる方法
水虫アッサリ追放宣言!

posted by 水虫嫌い at 00:00 | 水虫とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。