水虫の菌

水虫原因である白癬菌は、皮膚糸状真菌と呼ばれるカビの一種です。

特に人や動物の角質層を好んで寄生します。


水虫は皮膚のケラチンを栄養にしています。そして、湿度70%、温度が15℃を超えると活発に増殖を始めます。

足の指の場合には、靴を履いた状態で、湿度が95%、さらに温度は32℃にもなるために特に水虫が発症しやすくなっています。


水虫の菌は高温多湿を好み、特にじめじめとした梅雨の季節は白癬菌にとっては絶好の活動期です。

また、蒸れやすいゴム製の長靴の中で6ヶ月も生き続けていたデータもあり、湿度が高いところでは長期間生存し続けられるようです。

水虫を起こす白癬菌は、家族とか同居している人に水虫にかかった人がいる場合に、あちらこちらに存在しています。

特に、家の中で水虫菌が多く見つかる場所にお風呂の足拭きマット、そしてトイレのスリッパ、またお風呂の洗い場、フローリング、コタツの敷き布団等があります。

水虫の菌は生命力が強いのですが、白癬菌が足についたら即、水虫にかかってしまうというわけではありません。

水虫菌が足の角質層にまで入り込むまで、普通は1〜2日かかります。

ですから、毎日、お風呂に入って清潔にしていると、それほど神経質になる必要はないようです。




水虫問題・これで解決!

水虫退治だけでなく美脚にもなる方法
水虫アッサリ追放宣言!

posted by 水虫嫌い at 00:00 | 水虫とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。