水虫にかかりやすい人

水虫の人と一緒に生活していても、全く水虫がうつらない人もいます。

水虫を起こす白癬菌は、皮膚に付着してすぐに感染するわけではないので(1〜2日かけて皮膚に浸透する)、毎日、お風呂に入り足を清潔にしていると水虫の菌に触れていても水虫を発症しません。

しかし、仕事などで安全靴や革靴など蒸れやすい靴を長時間履き続けなければならない人は、水虫を発症しやすいようです。

水虫の菌は湿度が85%以下ではそれほど活発に活動しないので、1週間菌が付着した状態でいても感染は起こりません。

湿度が95%を超えると水虫の菌は活発に活動し、短ければ1日半で水虫に感染してしまいます。

さらに100%の湿度では1日で水虫に感染してしまうこともあるようです。

それ以外にも体質的に汗をかきやすいということも多少、水虫になりやすい要因となりますが、やはり白癬菌がついたまま高温多湿の状態になることが水虫にかかってしまう一番の原因のようです。

また、体調が悪く免疫力や抵抗力が落ちている人も水虫になりやすいようなので、健康に気をつけ免疫力や抵抗力を上げるということも水虫にかからないためには大切なことです。

その他、足の指の間が狭い、偏平足、糖尿病といった人も水虫になりやすい人であると言われています。

タグ:水虫 白癬菌


水虫問題・これで解決!

水虫退治だけでなく美脚にもなる方法
水虫アッサリ追放宣言!

posted by 水虫嫌い at 16:21 | 水虫とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。